Tweet



前へ   次へ
■ 2016/11/6 バンド名

お久しぶりです。

季節の変わり目ですが、お元気でしょうか。
結構経ってしまったけど、9/4は赤羽でユーセーのライブでした。

【2016/9/4セットリスト】
1.TOKYO NORTH SIDE(山田孝之・吉井和哉)
-MC-
2.人生ゲーム
-MC-
3.my song

まだ音源で発表していない曲をやりました。
なんか、人生を謳歌するような曲が多いなぁと思いました。

そもそも「LiveSaver」っていうバンド名は、
「生きている人を元気に!」という意味を込めてのもの。

時間(人生)は永遠ではないですが、
限られた時間だからこそ感情の振れ幅は大きくなる気がします。

辛いこと、悲しいことがあっても、時間は止まらなくて、後ろばかりを見てはいられない。
微力ではありますが、それをサポートするような音楽を引き続き鳴らしたいと思います。

11/12(土)は池袋でラーメンをすすりつつ、頑張ってきます!
恋に仕事に遊びに、、、全てにおいて楽しく感じられる時間を作れたら♪



written by ユースケ
■ 2016/2/21 非日常空間

ユースケです。

昨日は「四谷天窓.comfort」でのライブでした。

実は昨日、初めて会場を目の当たりにしたのですが、
外の景色を観ながらライブできる会場!「こんなの初めて☆」

セットリストは次の通り。

【2016/2/20セットリスト】
1.ラインマーカー
-MC-
2.ロビンソン(スピッツ)
3.お天気お姉さん
-MC-
4.人生ゲーム
5.ありがとう
-MC-
6.桜道

この日は空がうす暗く、雨も降っていたのですが、
そんな中、足を運んでくれたお客さんには本当に感謝しかありませんでした。

僕らは僕らで、できることをギリギリまで悩んだ上で、この日にマッチした曲をチョイス。
うん、「緑じゃない、青でもない、なのに安らげてる」空間がそこにはありました。

ちにみに、この日はライブハウスのオーディションライブでした。
要は、ライブハウスに認めていただけないと、今後は演奏させてもらえない感じになってしまうのです。

結果は・・・「見事合格!」ということで、今後とも「四谷天窓.comfort」でライブができることに♪

ここには洗練された素晴らしいアーティストの音楽を聴きながら、
イスに座ってお酒やコーヒーや紅茶、デザートを楽しめる環境があり、本当におすすめの非日常空間です。

僕らはまだ発展途上のユニットです。
今後とも、暖かくも厳しい目で寄り添ってくれると嬉しいです。
それに対し、確実に応える「ユーセー」であることをここに約束!



written by ユースケ
■ 2016/1/23 RED WING

先週は赤羽Enabでのライブでした。
足を運んで下さった皆様、ありがとう!

赤羽は飲み屋が多い町として有名ですが、
それに音楽もプラスしていきたい!
まだまだ非力ながらそんなことを思いました!

【2016/1/17セットリスト】
0.終わりなき旅(Mr.Children)
-MC-
1.ラインマーカー
-MC-
2.TOKYO NORTH SIDE(山田孝之・吉井和哉)
-MC-
3.ありがとう

さぁ、次は高田馬場にある四谷天窓というライブハウスでお会いしましょう!



written by
■ 2016/1/10 今年もよろしく!

ころよろです!
皆さんは素敵なお正月を過ごせましたか?
自分はツムツムにハマって、ゲームばかりやってました。

さて、昨年はセージと二人でアコースティックユニットの「ユーセー」を結成し、
一回だけライブをしましたが、良いライブができたんですよ♪

【2015/5/31セットリスト】
1.桜道
-MC-
2.GOOD-BYE(hide)
-MC-
3.ソラシド

自分達の音楽に加え、MCやカバー曲も織り交ぜた、
良い意味でのラフなライブを今後も繰り広げたいと思います!

さぁ、今年も始めますぜ!



written by ユースケ
■ 2015/2/14 新たなスタートライン

お久しぶりです、ユースケです。

ブログはもう一年ぶりでしょうか。
表立ったことはしてませんが、音楽は続けています。

今更だけど、前回ライブのセットリスト↓

【2014/2/2セットリスト】
1.今宵リミッター
2.優しい笑顔
-MC-
3.ソラシド
4.ありがとう
-MC-
5.人生ゲーム(新曲)
6.Startup!!

ライブができるのはありがたいことです。
応援してくれてる方、ありがとう!

下の日記にもセージ君が書いてますが、今、新しいことに挑戦しています。
まだ形になっていないので詳細は控えますが、もうすぐ新しい活動展開をお伝えできる予定です。
お楽しみに!!



written by ユースケ
前へ   次へ